日別アーカイブ: 2020年3月9日

2020/3/9(月曜日)

もう3月になってしまったのに…

1月の話の続き

30年ぶりのMOA美術館です。

 

エスカレーターを上がるといよいよ本館

ヘンリー・ムアの彫刻。王と王妃

「ああ、これ、私が女子大生の頃からここにあったわ…」

あの時も作家の作品は360度どこから見ても

形が本当にきれいだなあっと思ったことを思いだしました。

 

 

彫刻から上を見上げると

大きな階段

ちょっとこれは記憶にない

多分、当時はあまり建築に興味がなかったから

こんなに大きい建物に

こんなに沢山の石を使ったら、

鬼程、建築費掛かるとか。

そんなことは思わないから覚えてないのかな。

 

 

この入り口の扉もそう。

めちゃくちゃでかい扉

今はこういうものを見ると

どうやって搬入したのかな~とか

取付はどうやって?とか、おいくら万円?とか

色々思ってしまうから、非常に記憶に残る。

大人になったのね。

 

 

年始早々なので

尾形光琳の「紅白梅図屏風」

フラッシュたかなかったら撮影OK

調子に乗って撮影したらフラッシュ切れてなかった!

動揺しましたが、気を取り直してしっかり鑑賞。

よく見ていると枝1本1本まで

エネルギーを感じる作品

方向にも迷いがない。

思わず、うわあああと呟いてしまう。

尾形光琳で何とも言えない緊張感を感じました。

 

 

もはや野々村仁清の「色絵藤花文茶壷」はトドメ。

360度 隙の無い構図。

ちょこっとくらい、「あ、やっちゃった…」とか無いのね。

息を呑むって感じの緊張感。

さっきの尾形光琳とはまた違う。

今日は情緒がある意味不安定な一日となった。

涙がでたり。緊張したり。

これは良いことなのか?

 

 

よく身体の関節の可動域を広げるために

いつもより大きく肩を回したりするのと似ている。

感情も普段より大きく動かすようにしていたら

もっともっと色々感じられるココロになるのかな。

 

ということで、ひさびさのMOA美術館

美術館の変化もさながら、自分の変化にも気づき

いい休憩となりました。

 

 

お問合せはこちらから フェスティナレンテロゴ