2020/10/23(金曜日)

こんにちは。

今回はしっくい材に色を付ける様子をお伝えしたいと思います。

内装の塗り壁に使うしっくい材「エスタコウォール」に

アクセントとして希望された色を付けたい箇所があり、

顔料を混ぜて着色するのですが、

乾燥すると色の具合も変わったりと、とにかくサンプルテスト

してみないと希望の色になるかよくわかりません、

ということで色々やってみました。

作りたい色はネイビーとグレージュ。

とりあえず顔料をいくつか取り寄せました。

 

 

使ったのはパーフェクチンという顔料。

数ある基本カラーの中で、まずは写真の5色をチョイスして

やってみることに。

計量器にベースのエスタコを入れ、顔料のグラムを図り

ビニール袋内で良く攪拌させます。

 

 

 

 

顔料をMAXの10%混ぜたので

かなり濃い状態になりました。

ネイビーはうまくいきましたがグレージュが難しそうです。

 

 

 

他にもいくつかテストしましたが、

顔料の割合が少ないほど、乾燥した時に色が変わりました。

 

 

 

大分近づいてきた気がしますがもう少しベージュに近いほうと

要望がありましたので微調整が必要です。

とりあえず今回はここまで。

また後日テストしようと思っています。

お披露目できるのが楽しみです。

では。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問合せはこちらから フェスティナレンテロゴ