2020/2/20(木曜日)

日本の夏は高温多湿なため、お住いに除湿機を利用されている方も多いと思います。特に梅雨時期の湿気対策や結露やカビ対策に不可欠ですが、排水タンクの水捨てが必要で、タンクが満タンになると運転が止まってしまいます。

 

床置き型の除湿器は室内にペットを飼っている方や小さなお子様がいる方は倒してしまう可能性もあり、コンセントにさす電源ケーブルに足を引っかけることもあります。

 

 

ダイキンの「カライエ」は外部に面した壁に設置することで、湿った空気を屋外に排出するので、タンクがありません。また床に置かないので転倒の心配もございません。

途中で止まることもないので、24時間365日連続運転が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

扇風機やサーキューターと併用することで、室内干しの衣類乾燥にも利用できそうです。

最近は建物内に室内干しのスペースを作るお客様が非常に多いので、是非ご検討下さい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問合せはこちらから フェスティナレンテロゴ